2008年11月11日火曜日

北野天満宮「大福梅」の 土用干し

桶の中の梅
この樽の中の梅は6月中旬頃に境内で採取されたもの。
収穫量は例年約2.5〜3トンですって!

梅アップ

巫女さんが梅を干していく
大きな樽をムシロの上にひっくり返すと大量の梅がこぼれてきます。
神職の方や巫女さん達が総出で梅を干していきます。

梅をござにあける
夏の強い日差しの中、皆さん汗びっしょりで作業をされています。
この大きな樽を運ぶだけでも大変なことですよね。

梅干し作業
しかし、さすがに手慣れたもの。
あっという間に梅が干され、空になった樽が傍らに次々と並んでいきます。

梅の甘酸っぱい香り
境内に梅の甘酸っぱい香りが広がって、ほんとうにいい香り!
こんなにたくさんの梅に囲まれるってそうそうありませんものね。

太陽を一杯浴びた梅

カラカラになるまで干す
ほこっとしたおいしそうな梅ですよね。
「大福梅」になるには、これから
約4週間かけてカラカラになるまで干しあげます。

神梅
「大福梅」とは別に売られている「神梅」
この梅干しはカラカラじゃないふつうの梅干し。

地元マスコミの方々
地元のマスコミの方々

北野天満宮神紋
梅とゆかりが深い北野天満宮。
神紋も「梅」です。

北野天満宮梅園
境内横にある梅園。早咲きの梅は12月中旬頃からつぼみが膨らみ、
春近くまで次々と美しい梅の花が咲くそうですよ。



遊びに来て頂きありがとうございます。
よろしければ一日1クリック応援いただけると励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ お願いうずら
 

PING送信プラス by SEO対策