2008年7月1日火曜日

妻籠宿・馬籠宿その二

妻龍と馬籠はお隣どうし。
妻龍の帰りに馬籠へ立ち寄りました。
妻龍がしっとり「木」のイメージなら馬籠は「石」
長い石畳の坂道に格子造りの家が並びます。
これはその昔、外的の進入を防ぐために作られたもの。
同じ宿場町でもまた趣が違っておもしろいですね。

着物あるき 妻籠宿・馬籠宿その二 澄んだ山水

馬籠も水の美しいところ。
山の水が豊で澄んでいることがよくわかりますね。

着物あるき 妻籠宿・馬籠宿その二 妻籠の町並み
着物あるき 妻籠宿・馬籠宿その二 妻籠のおみやげ物やさん

お土産屋さんでお姉さんと談笑中。
着物だと気さくに声をかけてもらえるので、これが楽しかったりします。
ここで帯留めにと木のブローチを購入。

着物あるき 妻籠宿・馬籠宿その二 オレンジのコスモス

わかるかな?小さな背負子に花が活けてあるんですよ。
かわいいでしょう。
鮮やかな色のコスモスが映えますね。

着物あるき 妻籠宿・馬籠宿その二 桶にいけてある草花

身近な花をこうして愛でるって、ほんとうに素敵です。


着物あるき 妻籠宿・馬籠宿その二 青い栗

見事な栗でしょう!この辺はおいしい栗が取れるんですよ。
“栗きんとん”で有名なお店もあちらこちらに。

着物あるき 妻籠宿・馬籠宿その二 馬籠の町並み

さて妻龍をあとに車で10分ぐらい走って馬籠に。
こちらは妻龍よりももう少し町自体が近代的に補修されて、
おみやげ物屋さんも沢山あるし、
大勢の観光客でかなりの賑わいです。

着物あるき 妻籠宿・馬籠宿その二 馬籠格子造りの家

石畳の坂道に格子造りの家。
これが馬籠の有名な町並みです。

着物あるき 妻籠宿・馬籠宿その二 栗入りどら焼き

大きな栗がごろっと1粒入ったどら焼き。
まわりの皮はふわふわで中にはあんこと大粒の栗が・・・
たまりません!

着物あるき 妻籠宿・馬籠宿その二 歩きながら食べる

たまらず歩きながら食べてます。

着物あるき 妻籠宿・馬籠宿その二 野沢菜のお焼き

じゃん!甘い物の次はおやき!!
おやきの生地ってほんと色々。ここではパン生地のようなおやきです。
中は大好きな野沢菜。

着物あるき 妻籠宿・馬籠宿その二 馬籠から見る木曽の山々

長い石坂、ずいぶん上ってきましたねぇ。
木曽の山々を望んでホッと小休止。
昔の旅人もこうして木曽の山を眺めたのかしら。

着物あるき 妻籠宿・馬籠宿その二 馬籠の坂道

宿場町として栄えた妻龍・馬籠。
そこかしこに旅人が往来した情緒が残り
今もほのぼのとした気持ちにさせてくれる町です。


遊びに来て頂きありがとうございます。
よろしければ一日1クリック応援いただけると励みになります。

にほんブログ村 ファッションブログ 着物・和装へ お願いうずら
 

PING送信プラス by SEO対策